Global Jinzai Ikusei Center(G-JIC)
株式会社
グローバル人材育成センター

☆「海外で "勝つ" ビジネススタイルを学ぶ」

[事例から学ぶ外国人材の採用、雇用、活用セミナー ]

「グローバル化に対応した外国人材の採用から活用まで」を開催

  開催日時:2016年12月1日(水)
  会場:㈱JCMセミナールーム 
     〒105-0054 東京都千代田区神田錦町3-13
     竹橋安田ビル4階

昨年末には、国内における外国人労働者総数は90万人を超え、今後さらなる拡大が見込まれる新興国市場での事業展開と相まって、益々外国人材の積極的な採用や能力開発が求められます。
講演Ⅰでは、アジア子会社における日系企業の採用活動や将来の幹部候補生の日本における採用・育成の現状と課題を最新の調査データで解説します。
講演Ⅱでは、2017年春の入社・異動に備え、実際に採用する際に知っておくべき日本の入管法や在留資格のアレコレから手続き等を分かり易く解説します。
また、講師への個別相談も事前に受付けますので、申込時にその旨お書きください。 講演後の交流会では、講師、参加者間の交流を図り、更なる情報収集を期待します。

ノーベル賞受賞者を講師陣に迎えた無料講演会のご案内

公益社団法人 知財登録協会(SIR)会長兼理事長でGJIC ADでもある玉井誠一郎さんがの組織が主催する講演会

  2016年9月30日(金)13:00~16:40、
  大阪大学吹田キャンパス銀杏会館

のご案内第2弾です。GJICも後援させていただいています。
グローバル人材育成センター 大江良雄

大阪市産業経営協会(市産協)にて「中小企業の国際化と海外進出」で講演

  開催日:2016年9月12日(月)

市産協のメンバー企業よりの幹部候補生を塾生として年10回にわたる第10期人材育成塾の閉講式において「中小企業の国際化と海外進出」~グローバル化時代の働き方~と題して約35名の参加者にGJIC ADの釣島平三郎氏がビジネス実践を通して熱弁!

自動車用金属加工会社(兵庫県)にて「グローバルマインド研修(臼井講師)」を実施

  2016年9月9日(金)

ASEAN各国に工場を有する自動車用金属加工でニッチトップ会社にて20名の受講者を対象として、終日にわたるグローバルマインド研修を実施。

 ・ASEAN各国の概況
 ・海外で働くことの意義、海外と国内の仕事の違い、原著の労務管理トラブル事例
 ・異文化コミュニケーション
 ・求められるグローバル人材像

ニッチトップの中堅企業として社長自らの出席するという姿勢で、従業員のモチベーションも高く、開発、技術、生産、販売でトップを目指し、現地人の登用、女性の活用、などグローバル思考をもって取り組み姿勢が全社に漲っている。日本の田舎に拠点を掲げながらも経営の視座は常にグローバルに向いているエクセレントカンパニー。GJICが同社の事業展開の一助になればと意を新たにする研修となった。(GJIC同席者談)

農業機器、環境プラント企業にて「英文契約書作成の実務」研修(高田講師)を実施

 開催日時:2016年9月7日(水)

農業機器、環境プラント企業にて「英文契約書作成の実務」研修(高田講師)を実施。
海外企業との契約書は法務部門の仕事と思われがちながら、営業の一線の人間がそのポイントを把握することが重要であるとして両者を対象として、貿易実務をベースに英文契約書作成演習を交えた研修を実施。最近の事例を交え、具体例を掲げての研修で質問多数。

海外で活躍出来る営業現場のダイナミックなビジネススタイルとは

一般社団法人 国際ビジネス監理士協会(IBMA)と兄弟組織であるグローバル人材育成センター(G-JIC)が共催で開催するセミナーをご案内いたします。
当セミナー事務局は、G-JIC東京事業部となりますが、是非ご活用いただきますようご検討ください。会場の都合から、定員が限られておりますこと、ご了承下さい。

海外勤務する "人" の育成・対応は出来ていますか? 米国、欧州、アジアにまたがり、ダイバーシティ環境下でのビジネスを20年以上行って来た講師が、実際の営業現場で培った体験から、海外で ”勝つ” ビジネススタイルについて語ります。
海外勤務を希望した”人”、思いがけず決まった”人”を問わず、海外で “勝つ” ビジネススタイルを事前に理解し、適応方法を身に付け赴任することが海外勤務や海外生活をエンジョイする重要な鍵です。
このセミナーでは、特に“営業の現場” と “営業マネージメント”にフォーカスします。
“お客様と親しい関係を作り、信頼関係を築く” など営業の基本の基から、営業現場でのビジネススタイルの学びを通じて、とかく、“やる気、根性、ガッツ”が讃えられる日本式営業スタイルから離れて、海外で通じるビジネススタイルを学びます。
また、ケーススタディを通し、実践力を学び、 海外勤務を期待と自信を持って迎えられることを目指します。
講演後の交流会では、講師、参加者間の交流を図り、更なる情報収集を期待します。

開催日時:2016年9月7日(水) 13:30-17:30(受付開始(13:00)
会場:東京都千代田区神田錦町3-13 竹橋安田ビル4階 ㈱JCM会議室A(最寄り駅:JR東西線竹橋駅)

定員:20名様(先着順)
参加費:無料
参加対象者:企業の経営者及び管理的立場にある方。国内外を職種を問わず海外ビジネスに携わっている方。人事・総務ご担当者
申込先:グローバル人材育成センター(GJIC) 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3−13 竹橋安田ビル (株)JCM内

大学の海外研修の一環としてアセアン各国を訪問

GJICでは数年間にわたりアセアン各国の海外研修で事前にキャンパスにて現地事情を講義、そしてグローバル人材としての視点を養っていただくため海外研修の企画・引率等を実施。以下はその一事例です。大学のHPから抜粋。

■事例:大阪大学基礎工学部「基礎工学オナーフラタニティプログラム」
ΔΣ1期生(2年生)メンバー9名のタイ海外研修が終了し、無事帰国しました。この場を借りて、見学対応いただいたタイの皆様、在タイ日本人の方々に厚く御礼申し上げます。なお、本海外研修の企画には、本学バンコクセンターの関センター長、(株)グローバル人材センターの協力を得ております。

2月20日(水)関空発→バンコク着
2月21日(木)パナソニック・タイ・サムットプラーカーン工場(タイ中部サムットプラーカーン県)、トヨタ・タイ・バンポー工場(タイ東部チャチュンサオ県)見学
2月22日(金)泰日工業大学(TNI)、タマサート大学ランシット・キャンパス・国立電子コンピュータ研究センター(NECTEC)見学
2月23日(土)タイ文化歴史研修、深夜バンコク発
2月24日(日)関空着
写真:ベトナム訪問時での集合写真


アクセス:〒535-0031大阪市旭区高殿6丁目1-22
お電話&ファックス:TEL:06-6956-4115  FAX:06-6956-1115
連絡先:gj-info@g-jic.com
copyright©2013 Global Jinzai Ikusei Center all rights reserved.